幼稚園/保育園の「食育が基本の給食」なら富喜屋(ふきや)

株式会社富喜屋(ふきや)

「食育が基本」の給食

  1. 委託給食、自園給食の富喜屋(ふきや)トップページ
  2. 「食育が基本」の給食
  3. 食育とは?

食育とは?

食育とは「食を営む力」を育成することです。保育所は厚生労働省が、幼稚園は文部科学省が管轄していますが、それぞれ次の通り示しています。

 

<厚生労働省> 「保育所における食育に関する指針」

「現在を最もよく生き、かつ、生涯にわたって健康で質の高い生活を送る基本としての「食を営む力」の育成に向け、その基礎を培うことが保育所における食育の目標である。

 

<文部科学省> 幼稚園における食育の推進について(通知)

「食材との触れ合いや食事の準備をはじめとする食に関する様々な体験を通じて、幼児期からの適切な食事のとり方や望ましい食習慣の定着、心と体の健康など豊かな人間性の育成等を図ること」

以上のように見てみると表現の違いはありますが、いずれも

「生涯にわたって健康であるために、正しい食習慣の基礎を育成すること」

を、食育の目標としていることがわかります。
また「保育所における食育に関する指針」では、食育の内容を構成する「ねらい」及び「内容」を示しています。 「ねらい」は食育の目標をより具体化したもので、「食と健康」「食と人間関係」「食と文化」「いのちの育ちと食」「料理と食」という5項目で、子どもが身につけることが 望まれる心情、意欲、態度などを示しています。

 

【食育の「ねらい」(3才以上児)】

「食と健康」

  1. できるだけ多くの種類の食べものや料理を味わう。
  2. 自分の体に必要な食品の種類や働きに気づき、栄養バランスを考慮した食事をとろうとする。
  3. 健康、安全など食生活に必要な基本的な習慣や態度を身につける。
 

「食と人間関係」

  1. 自分で食事ができること、身近な人と一緒に食べる楽しさを味わう。
  2. 様々な人々との会食を通して、愛情や信頼感を持つ。
  3. 食事に必要な基本的な習慣や態度を身につける。
 

「食と文化」

  1. いろいろな料理に出会い、発見を楽しんだり、考えたりし、様々な文化に気づく。
  2. 地域で培われた食文化を体験し、郷土への関心を持つ。
  3. 食習慣、マナーを身につける。
 

「いのちの育ちと食」

  1. 自然の恵みと働くことの大切さを知り、感謝の気持ちを持って食事を味わう。
  2. 栽培、飼育、食事などを通して、身近な存在に親しみを持ち、すべてのいのちを大切にする心を持つ。
  3. 身近な自然にかかわり、世話をしたりする中で、料理との関係を考え、食材に対する感覚を豊かにする。
 

「料理と食」

  1. 身近な食材を使って、調理を楽しむ。
  2. 食事の準備から後片付けまでの食事づくりに自らかかわり、味や盛りつけなどを考えたり、それを生活に取り入れようとする。
  3. 食事にふさわしい環境を考えて、ゆとりある落ち着いた雰囲気で食事をする。
   

以上のねらいをふまえ、食育は、「保育計画」「指導計画」の中にしっかりと位置づけをし、全職員の共通理解のもとに計画的・総合的に展開されなければならないとされています。 詳細をご覧になりたい方は、政府広報オンラインをご覧ください。

ページTOPへ